辛いこと悲しいことが続くとき、とりあえず感謝の言葉を口にするおまじない
Photo by Melissa Askew on Unsplash

誰だってそうだけど、辛いこと悲しいことが続いたら、心の余裕だってなくなる

『なんでこんなに大変なおもいをするんだろう』って考えるし

うまくいってる人のことを妬ましく感じることもある

辛くて苦しくていっぱいいっぱい

支えてくれる人にも優しい気持ちになれない

そんなときの気持ちの整えかたを書きますね。

Akita
辛くて苦しいとき、形だけでも良いから感謝を声に出してみて
「親切にしてくれてどうも有難う。」
「助けてくれてどうも有難う。」
感謝の言葉を口にすると、あなたの内側から前向きなエネルギーがわいてくるの

本サイトにはアフィリエイト広告が含まれます

辛いこと悲しいことが続くとき、とりあえず感謝の言葉を口にするおまじない

女性3人
Photos by Sheila Santillan from Pixabay

あなたの言葉が思考と行動を変える、あなたの口ぐせが現実を変える

辛いことが続いたり、悲しいことが重なると、当たり前だけど気持ちが落ちる

『疲れた、もう無理だ』

『どうして辛いことばかりなんだろう』

心が疲れきってしまうと、ネガティブ思考にとらわれ追いこまれてしまう

Akita若い頃
乗りきろうと頑張りつづけると疲弊してくるし
自分のことで精一杯だと周りの人に感謝を伝えるのは難しいよね

心が疲れてネガティブな思いでいっぱいのとき

ちいさな声で「どうも有難うございます。」と口にすることを一度試してみてください。

ささやくような小さな声でも全然良いんです。

自分の中からエネルギーがわいてきます。

コレすごく効果が大きいおまじないで、ずっと私がつづけてきたことなんです。

自分の言葉が、思考にも行動にも影響を与えている

“言葉が脳を変えていく”ことは脳科学の世界では常識なんですよ。

「口ぐせが現実を変える」が科学的に正しい訳:東洋経済 (プライミング効果について)

言葉はあなたの幸福感にもつながり行動にまで影響する

優しい気持ちになれないときに『有難うございます』と小さな声で口にしてみて

ポジティブな言葉を自分に聞かせて励ますことは、運気を上げるために欠かせないこと

あなたの内側から前向きになれるエネルギーが湧いてくるんです。

ポジティブなエネルギーがわいてくる『有難うございます』で

自分自身にエネルギーを注入してあげましょう。

Akita若い頃
悲しいこと辛いことがある中でも頑張ってる自分に、もっと優しくしてあげよう

感謝の言葉を声に出すおまじない、心が折れそうなときに試してみて

辛い悲しいことが続くときにこそ、人からの親切を思い出してみる

『無理、もう誰にも会いたくない』

『逃げたい、楽になりたい』 

辛いことがつづいて心が折れそうになったときは、親切にしてくれた人のことを私は思い出すようにしている

気力がなくなっている私のかわりに、動いてくれた人

気持ちが落ちている私に、優しい言葉をかけてくれた人

周りの人に助けてもらいながら、私はそれで何とか生きてた

Akita若い頃
人間関係が上手くいかなくて苦しいとき、仕事が辛いとき、人と比べて自分の人生が惨めに思えるとき
ただ毎日をすごすなかで、心が折れそうになる出来事だってありますよね

親切にしてもらった人を思い出すと、穏やかな気持ちになる

小学生のときに行った海水浴で、ビニールボートで深いところまで流されてしまったとき、助けてくれたおじいさん

中学生のときに上級生の女の子に囲まれていたときに、声をかけてきてくれた会社帰りの女性

経済的に苦しかった私のために、校外学習の日にお弁当とおやつを準備してくれたお友達のお母さん

真面目以外には何のとりえもないのに、根気よく仕事を教えてくれた職場の人達

外国生活に疲れてしまって『消えてしまいたい』と落ち込んでいたとき、寄りそってくれた優しい友人達

出会った人達からの親切を思い出すと、穏やかな気持ちになる

「あの人のように良い大人になって自分も生きよう。」

「あんな風にかしこくて優しい人が世の中を作っているんだな。」

「ああいった心がけの人はいないな。」

親切にしてくれた優しい人達のことを思い出して、感謝したそのときの気持ちを口に出します。

全てに疲れたときに、気力の取り戻し方について

辛いこと悲しいことが続くとき、当たり前に自分の周りにあるものに感謝する

あなたが持っているものは、誰かにとっては当たり前ではないもの

Akita若い頃
あなたを支えてくれている人の存在に感謝して、『有難う』って伝えてみてほしい
あなたが感謝を口に出せるようになると、周りの人の様子も変わってきますよ

辛い悲しい出来事が続いたときに…

あなたが持っているもの、あなたの周りにあるものを、すこし思い出してみてください。

何でもかまわないと思います。

帰ると安心する家があること、おかえりと迎えてもらえること

あなたを大切におもう家族がいること

お腹が空いていないこと、健康なこと

行きたい学校に通えること

好きな友達と映画を楽しめること、自分の自由な時間があること

心配事なく仕事に行けること

会社に食堂があること、お弁当を作ってもらえること…

たくさん他にもあると思うんです。

上に書いたことは全部些細なことで、あなたは笑っちゃうかもしれない

でも、昔の私にはその些細なものすらなくて、当たり前に持ってる人が羨ましかったんですよね。

Akita
お金の悩みはなくなり、今は欲しいと思ったものは好きに買えるようになりました
でも、自分の思い出って取りかえることが出来ないから、寂しい気持ちがこみあげることがある
そして、若いころと違うのは、欲しいものはお金で買えないものばかりになったことね

感謝することは解毒剤になる

当たり前にあなたの周りにあるもの、すこし思い出してみてください。

ちいさなことで良いから、それが全部自分のものであることに感謝しましょう。

人は感謝することでしか幸せになることはできないし、感謝することは心の解毒剤にもなります。

Kurzgesagt ( クルツ・ゲザークト)の動画、『不満感への解毒剤』を見るとスッと入ってきます。

設定で日本語のサブタイトルが出てきます。

Kurzgesagtは、ドイツのミュンヘンを拠点にしている科学分野を題材にしたサイエンス系 YouTuberです。

辛いこと悲しいことが続くときこそ、感謝の言葉を声に出すおまじない

気持ちがガクンと落ちたときには、日本やシンガポールだけでなく、別の国で暮らしている友人からも励まされました。

世の中には心優しい人がたくさんいるね

辛くて苦しい状況にあっても、感謝の気持ちを忘れないようにする

感謝の思いを言葉にして伝えると、前向き思考になれるエネルギーが自分に返ってきます。

あなたの表現した小さな感謝の言葉が、誰かの生きる力になることだってある

「いつも優しくしてくれて、本当に有難う。」

「親切にしてもらって助かりました、有難うございます。」

人は、人に認めてもらえて、その連続で生かされている

自分のことを尊重して支えてくれている人の存在に、どんどん感謝の気持ちを伝えましょう。

Akita若い頃
わずかな温かい出来事のつながりが人を生かしています
『有難いな』『嬉しいな』と思ったら、その気持ちがちいさくなる前に、とりあえず口に出しましょう

あなたが言った「有難う。」の言葉がちいさな声だとしても、言われた人の元気のもとになる

そしてあなたが言った「有難う。」の声をあなたの耳が聞くと、前向き思考になるエネルギーがわいてきますよ

今、辛い悲しいことが続く状況にある人も『有難うございます』って言葉にしてください。

ポジティブになれるエネルギーをあなた自身に注入するために

そして感謝の気持ちを伝えて誰かを元気にするために

おすすめの記事