夕方 焚き火
Photo by Kimson Doan on Unsplash
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

“詐欺にあう”というと、騙されてお金を取られるイメージですが、実際に失って辛いのはお金や資産ではないんです。

昔のことですが、私の黒歴史の一つに『信頼していた人達に、200万円を騙し取られた』というのがあります。

人に騙されて失う大切なもの、それはお金では買い戻せないものです。

信じていた人と連絡が取れなくなる不気味さ、騙されたと知ったときの衝撃、搾取する相手と見下されていた惨めさ、お金を失った悲しい気持ち…

家族や友達から説教されたり罵られたりする辛さ、人間不信と今後の生き方への不安、もう自分の判断に自信が持てない…

詐欺にあった人は、人としての自信、心の平安もお金と一緒に失うんですよね。

相手を真っすぐに信じてしまった人ほど深く傷付くので、生きる力まで失って、絶望から『消えてしまいたい…』とまで考える人もいるんです。

Akita若い頃
真面目で勤勉、優くて人を疑わない、これは日本人の国民性ですよね。
真っすぐで正直なことは、日本人にとっては美徳ですが、その美徳と国民性は嘘つきやずるい人間に利用される弱点になるんです。

最後に自分を守れるのはいつだって自分だから、私みたいにならないように気を付けてくださいね。

シンガポール夕日とうろこ雲

詐欺にあう人が失う、お金よりも大切なもの

まだ若かった頃の話ですが、すごく信頼していた人達に、200万円ものお金を持ち逃げされたんです。

当時の私にとって大金だったし、思い出したくない辛い記憶です。

外出したり、お食事したり、何度も会って一緒に楽しい時間を共有した人が詐欺師だった… 

すごーく不気味で、悲しい経験でした。

あの頃は、人を信じないことは人として清さが無いような気がして、相手の話や態度に『おかしい』と感じても、人を疑うような自分になんというか罪悪感や嫌悪感を持ちました。

でも…

自分を守れるのは自分なんですよね。

Akita
あなたの友人知人が、お金の話をしてきたときには“罪悪感”なんて持たずに警戒しましょう。
『騙されないように…』って、思いながら相手の話を聞いている、人を疑うような自分に、罪悪感や嫌悪感を持つ必要はないですからね。

人から聞く話も人との関係にも、疑問を持つことは悪いことではないし、警戒っていくらしたって構わないと思いますよ。

Akita若い頃
信頼していた人達にお金を騙し取られたのは、私が思い出したくないことの一つです。

貸したお金が戻ってこなかったことって、別に一度だけではないんです。
でも“信頼していた人”に騙された時は、精神的にかなりのダメージありましたね。

レインボーブリッジ横長

アメリカの教育やインターナショナルスクールでは、クリティカル・シンキング(批判的思考)は常識です。

批判的思考というのは『物事を見えているままではなく、多方向から捉えて本質を見抜く考え方』です。

人から聞いたことに疑問を持つことは悪いことではないし、日本人はお人好しが多いので、とりあえず疑って考える批判的思考を習慣にしても良いくらいです。

お金を失って辛かったのは勿論ですが、本当に辛かったのは、自分の判断にあまり自信が持てなくなったことです。 

頑張ろうという気力も、しばらく湧いてきませんでしたから。

💠 💠 💠 💠 💠

Akita
他人の話をまるまる信じても『仕方ないな』って許してもらえるのは、無責任でいられる子供だけなので、疑うくらいで丁度良いんです。
ずるい人間や嘘つきに騙されたくなかったら、疑うことを習慣にしましょう。

自分の利益や目的のために平気で人を騙せる人間って、温厚で親切で信頼できそうな善人としてターゲットに近づいてきます。

私のお金を持ち逃げしたのも、とても親切で優しい人達でしたよ。 

世の中を生きることにも人を見抜くのにも経験不足で、当時はその詐欺師をすっかり妄信していましたね。

『おかしいな…』って感じても、あの頃は信頼している人を疑うような自分に嫌悪感がありましたから。

おすすめの本

Akita
『詐欺とペテンの大百科』では、ありとあらゆる詐欺の手口が解説されています。
騙されないためには、昔からある典型的な手口を知っておくことです。
高価な本ですが、出した分の価値があったと思える面白い内容でした。
読んだ方のレビューなども参考にしてください。

Akita
『だまされた! :「だましのプロ」 の心理戦術を見抜く本』は、詐欺のあらゆる手口を知り尽くしたプロが書いています。
“自分は騙されない大丈夫”と思っている人ほど、どうして騙されるのかその心理も解説されています。
自己防衛の参考になります。

騙された経験がない人は、詐欺にあう人のことを何とでも言える

シンガポールうろこ雲

Akita若い頃
詐欺師はバレないような巧妙なやり方で、私からお金を引き出しました。
口が上手いのもあるけれど、結局は『金を取る相手だからムチャクチャやっていい』って見下されていたってこと。

仕事や人間関係の相談にものってくれて、理解して励ましてくれる人でした。
一番あなたが信頼している人からお金を騙し取られたことを想像してみてください…。

Akita
「どうして気が付かなかったの?」とか言う人いますが、気付かれないように騙すから詐欺師なんですよね。
最終的にお金は約束の日までに返してもらえず、連絡が取れなくなって、そのまま持ち逃げされました。

信頼していた人に騙されるって、精神的にかなりきますよ…。

200万円、細かい経緯は省きますが、詐欺師はバレないようなやり方で巧妙に私からお金を引き出しました。

「困ったことになって、来週すぐに返すので、一時的にお金を貸して欲しい。」 お金を貸すと、少ししてからお金をきちんと全額返金してくれました。

そしてまた「困っているから貸して欲しい。」 そう頼まれて貸すと、次の返金は7割とか半分だけになります。 

徐々に返済されるお金が減って、貸しているお金の額が増えていきました。

💠 💠 💠 💠 💠

「そんな人の話を信じるなんて、どうかしている。」 そう思いますよね? 実際そうも言われたし。

でも、詐欺被害を経験していない人は、いくらでも何とでも言えちゃうんですよね。

バレないように巧妙に、人からお金を騙し取れるから詐欺師なんです。

◉ 口が上手いのもあるけれど、結局は『金を取る相手』として見下されているから、心を揺さぶるような作り話を聞かせてくるわけです。

それだけ私は彼らをとても信頼していました。

それに…

自分にとって大切な人が困っていたら、誰だって手助けしたくなりますよね。

人を騙して平気でいられる詐欺師、一見すると温厚で親切な信頼できる雰囲気の善人なんです。

ニコニコと朗らかで物静かだった人、困っているときに相談にのってくれて、私の考えを“そうだね”と理解して、褒めて励まして寄り添ってくれた人でしたよ。

時々食事をご馳走してくれて、私のために色々考えて選んで買ってくれたというプレゼントも受け取りました。

まあでも… それ全部私のお金だったんですけどね。

💠 💠 💠 💠 💠

自分は詐欺にはあわない、騙されない、自信がある人もいるでしょう。

騙されない自信がある人って、『そんなの当たり前だよ』と思っているので、家族や友人が騙されることが想像できないんですよね。

自分は騙されないと自信がある人は、家族や友人知人に注意喚起しましょう!

◉ 振り込め詐欺の被害者に身内の人があらかじめ注意喚起していたら、絶対に結果は違ったはずです。

騙されるのは、詐欺師は信用できる人を上手に演じるから

お金を騙し取る詐欺師は、信頼できそうな人を上手に演じます。

あなたを助けてくれる先生や先輩、人格者、心の通った親友、優しい彼氏や彼女を演じています。

演じているだけなので、相手が生きる希望まで失ったとしても、知ったことじゃないし、心も痛まないんですよ。

Akita小学生
私の父親は、友達に多額のお金を貸したんです。
『親友として約束は必ず守る』という意味ない言葉、お金を貸しましたという証明の公正証書だけが残って、その友達家族はいなくなってしまいました。

お金をだまし取った父の友達、温厚な笑顔の素敵なおじさんでしたね。

Akita若い頃
私の友人は、お付き合いしていた人に合計で500万円近くを騙し取られました。
病気の時に看病のために通ってくれた優しく誠実なその人と、結婚する予定でした。

自営業をしていて、金策に困り果てる度に『今が正念場なのでお金を貸して欲しい』と頼みこまれ、友人が貸した金額は増えていったそうです。
『仕事で忙しい』と会う時間がちょっとずつ減っていって、あるとき電話番号が変わって連絡が取れなくなりました。

Akita
私からお金を盗んだ人達も、父を騙した親友、私の友人を騙した恋人、みんな良い人なんですよね。
信頼できる良い人を演じるのが上手い人達だったんです。

💠 💠 💠 💠 💠

ちょっと性質は違いますが、楽して稼げる話や儲け話、高利回りの投資の詐欺話も、お金を出してしまう人が世の中には本当に多いですよね。

敏腕な経営者、負け知らずの投資家、稼げる話を紹介してくれる人、信頼できそうな権威のある人を詐欺師は上手に演じているんです。

騙されないために、お金の話は情報の出所と目的を考える

信頼している友人や知人にお金を貸したりする場合、その前に考えてみてください。

ほとんどの場合、お金って労働の対価として得られたもので、誰にとっても非常に価値のあるものですよね。

誰にとっても大切なお金を『貸して欲しい』と簡単に人に頼めるのは、その人に切羽詰まってしまうそれなりの理由があるからです。

◉ 金融機関で借り入れ出来ない人にお金を貸しても、返済は期待できません。

切羽詰まっているのはどうしてか、金欠なのはなぜかよく見極めて、貸すのかどうか考えましょう。

もちろん、お金は戻らないことを覚悟の上で。

Akita若い頃
騙し取られた200万円は、何年もかけて節約して貯めたお金だったんです。
私生活が厳しくて大変な状況の時に知り合った人が詐欺師だった感じです。
騙されて、人生はさらに厳しいものになりましたね。

Akita
私もそうでしたが、誰だって自分が詐欺にあうなんて思っていません。
善良な普通の人に見えるので『この人怪しい、詐欺師かも』なんて、まず思わないんですよ。

💠 💠 💠 💠 💠

楽してお金が増える・稼げる・儲かる話、これに引っかからない為に覚えておいてください。

簡単に儲けられる話も楽して稼げる話も、絶対に他人からは聞こえてきません。

話が本当だとしたら、絶対に漏らしません。

お金がからむ話は『怪しいかも』『騙そうとしている』くらいに思って話を聞いておくと、間違うことがありません。

お金の話は『情報の出所、目的』を考えると矛盾に気付ける

まず、お金を増やす話を持ってきた相手がどんな日常をおくっているのか、何をしてご飯を食べているのか、よく観察してください。

自分がその人にお金をわたす理由と目的は何か考える。 儲かる増えるという話の裏は取れるのか。

経営されている会社名、投資話の内容、信頼性を確認するためにお金を出す前に必ず検索する

会社名、会社所在地、経営陣、その他、実在するものならば、インターネット上で何かしらの情報が得られるはずです。

身内や親しい友人、その業界に詳しい人に意見を求める

勢いと自分の思い込みで動くことは危険なので、お金を出す前に誰かにアドバイスをもらいしましょう。 

『怪しい、やめた方がいい』と止められたら、そう言われる理由があるんです。

詐欺被害にあったら、どう気持ちを立て直すか

シンガポール青空と雲と木

被害届を出せるように証拠を集める

警察への被害届、国民生活センター、消費者センター、どこに話を持っていくのにしても、時系列で説明できるようにノートに書き出します。 そして被害届を出すために証拠も集めましょう。 保険でカバーできるという場合にも証拠があれば話が早いです。

泣き寝入りは、ずるい人間の思うツボです。 きっちり追いかけましょう。

まずは、国民生活センター警察署の相談窓口に連絡しましょう。

消費者ホットライン(全国統一番号):国民生活センター ホームページ

警察に対する相談は、警察相談専用電話 #9110へ:政府広報オンライン ホームページ

#9110に電話をかけると管轄する一番近い警察の相談窓口につながります。 

騙された人の辛い気持ちも分からずに、本人にお説教やあざけりをする人っているんです。  

被害者を責めて何か先に進むわけでもないのに、周りにいるのは責める人…

詐欺にあった人が、財産を失って生きる気力まで失うのは、このアドバイスと称したお説教やあざけりの言葉を周りからあびせられるからです。

冷たいことを言う人がいたとしても、気にしないでください。

Akita
『騙された方も悪い』 バッサリと本人に言う人がいます。
詐欺被害の経験をしていない人は、何とでも言えちゃうんですよね。

Akita若い頃
「どうして気付かなかったの?」「そんな話を信じるなんて、どうかしてる。」「馬鹿なんじゃない。」
ただでさえ辛いのに、これでは行き場がなくなってしまいます…。

💠 💠 💠 💠 💠

自分が弱っている時に、周りの人達がどういう態度で何をしてくれたのか、覚えておくためによく観察しましょう。

落ち込んで何もかも嫌になったときに慰めてくれた友人達、私は忘れないでずっと覚えています。

あの時は『もう終わりだ』と思っていましたが、今は私もそれなりに幸せに暮らしています。

もしも詐欺被害にあったとしても、絶対にやり直せるし、幸せにだってなれます。 大丈夫です。

悔しさ悲しさ惨めさ、落ち込んだ自分、傷ついた気持ちを忘れないで、また頑張れば良いんです。

ブログのランキングに参加しています。 

読んだ人が元気になってくれたら、という気持ちでブログを始めました。 是非応援してください。 『Akitaブログ読んだよ』という反応がいただけると、とても嬉しいです😊。

クリック、どうぞよろしくお願いします🌸。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村

幸せになるために覚えていてほしいこと

一見すると温厚で親切な理解者、詐欺師は信頼できそうな人を演じています。 批判的思考、疑う習慣、家族や親類にも注意喚起しましょう!

お金の話は『情報の出所、目的』を考えるのは勿論、『騙されるかも…』くらいに思いながら聞くと、間違うことがありません。

詐欺被害にあったとしても、絶対にやり直せます。 私も『もう終わりだ』って絶望してましたが、今は幸せに暮らしています。

 

皆さま、応援よろしくお願いします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事