お金が無いときにこそ慎重に、長期的な視点で判断する
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

気持ちに余裕がないとき、間に合わせみたいに決めたことが上手くいかなかったことってありますよね。

マズイとなって軌道修正しても、建て直すまでに時間も労力もつかって後悔したこと、誰にでも経験あると思います。

『なるべくベストに近い選択をする』 お金持ちはそれを繰り返しています。

選択肢の中から自分にとってベストなプランAを選んで、バックアップとしてのプランBもそれなりに考えてあるから、大きく間違わないで済むんです。

必要であれば、お金で便利や近道を買ったりもして、気持ちに余裕があるから物事を熟考できるんです。

経済的に苦しいとき、お金が無いときにこそ慎重に、長期的な視点で考えることが大切です。

この記事で伝えたいこと

🌸 経済的に苦しいときにこそ慎重に、長期的な視点で考えて判断する。

🌸 慎重に進む先を選択するために。

Akita
お金持ちの特徴の一つに、ベストに近い道を選択できることがあります。

考えるゆとりが有るのと、判断を間違えたとしても次の手も考えてあるから『まあ、大丈夫』って、思えるんですよね。

Akita若い頃
経済的に苦しいときって、気持ちにゆとりが無くなります。
だからこそ判断を間違えないように、先々のことを考えて行動してくださいね。

お金が無いときこそ、進む先は慎重に選択しましょう。

お金が無いときにこそ慎重に、長期的な視点で判断する

Akita若い頃
生活に追われてお金に余裕が無いとき、よく私も判断を間違えました。

必要のない物を買ってしまったり、行きたくもない場所に出掛けたり、あまり考えずに損する契約をしたり…
以前はそういうことあったんです。

Akita
少し前に、車のショールームでローン契約をしている人を見ました。
すぐに手続きしてくれる手軽さもあって、月々の支払額だけで決めてしまいがちですが、車の販売店のローンは、銀行のカーローンに比べて金利が高いです。

何より、ローン契約というのは総額が大きくなって、お金を余計に払うことになります。

お金持ちは心に余裕があって、割とベストに近い選択をしているから痛い目にあいにくいんです。 

『割とベストな選択をする』を繰り返していれば、お金持ちに近付けるってことでもあるんです。

お金が無いときには判断を誤りやすいから、貯金習慣を身につけてお金を貯めましょう。

1000万円の貯金ができてから、私も割と判断を間違えないようになって人生が好転しました。

💠 💠 💠 💠 💠

コロナウィルスの感染拡大、一日も早く終息することを願っています。 終息した後には、倒産する会社も失業する人も恐ろしいほど出るでしょう。

不況になって世の中が厳しいときこそ、未来の自分を幸せにするために、進む先を慎重に決めてください。

目の前にあることだけでなく、未来の自分を幸せにするための長期的な視点で考えましょう。

お金持ちのように便利や近道を買うことが出来なくても、プランBを準備することが出来ないとしても、選択肢の中から自分にとってベストに近いプランAを選ぶことが出来たなら、それで良いんです!

お金が無いのに、消えてしまう物や快楽のために、無駄遣いする、借金する

Akita若い頃
お金を借りてまで欲望を満たそうとするのは、大きな間違い。
その借金は、自分のために何も生み出しません。

一時的にハッピーになれても、その後、利息という借金がさらに上乗せされて追いかけてくるんです。

Akita
借金をすることが悪いわけではありません。
消えてしまうものや一時的な喜びのために、無計画にお金をつかうのは、愚の骨頂です。

一時的な幸せや快楽のために借金をするのは、愚の骨頂です。 

一時的な喜びや快楽か、借金してまで選択する価値があるのか

その判断ですが、こう考えてください。

それを選択した場合の自分は、今よりもお金を稼げるようになるのか。

◉ 返事が『Yes』ではない場合、今は諦めてください。

その幸せも充足感も一過性のもので、時間が経つと何も感じなくなる、全く意味の無い借金です。

地獄へ向かっている時だってあります。

💠 💠 💠 💠 💠

一時的な喜びや快楽という欲望を満たすために必要な金銭は、手元にある資金から支払う。

◉ 手元にお金が無いのなら、今は諦めるべき欲求なのだと考えましょう。

遊興費、きらびやかな装身具、高価な衣服、趣味の買い物、海外旅行、ギャンブル、分不相応な贈り物…

今、生きる為に必要なものでは全くありませんよね。

💠 💠 💠 💠 💠

堅実に生きるのは忍耐が必要だし、刺激的ではないかもしれないけど、面白おかしく生きるために借金する人には、苦しみがずっと追いかけてくるんですよ。

なるべく借金なんてしないでください。

利息払うなんて、誰かにお金を吸い取られているのと同じ、すごく損なんですよ!

最近は、お金の勉強ができる無料のセミナーもあります。

手元にお金が無いならとりあえず固定費を削る、すぐにお金を節約できる

Akita
お金が必要なのに手元にはお金が無い…。

直ぐにお金が必要なら、生活費を減らすために固定費の見直しをするのが早いです。
変動費は元々それほど多くない人もいるし、節約するのには限界があります。

Akita若い頃
過去に手元のお金がなくなったとき、私は人よりも余計に働きましたね。

それと、荷物を整理してルームシェアで家賃負担を減らして、車をやめて維持費を無くし、保険も減額、現地の新聞やめて、一時帰国もやめて…
とにかく固定費を削ってお金を捻出しました。

毎月出て行く生活費には、必ず一定額を支出している固定費、支出額が変わる変動費があります。

家賃や住宅ローン、携帯電話の契約、保険料こういったものが固定費です。

変動費は節約するのにも限界があるし、優先して削るべきなのは毎月出ていくお金、固定費です。

◉ 固定費は支出額が固定されているので、一度削ると毎月ずっとかからなくなります。

💠 💠 💠 💠 💠

先ずは固定費を書き出します。

毎月払っていたものを3000円でも5000円でも減額したとすれば、年間で36000円、60000円も節約できて、これはかなりの額です。

変動費は毎月のものでは無いので、ここを削り過ぎると生活にハリがなくなります。

節約を意識しすぎてなんでもかんでも削ると、精神面に負担がかかります。

節約を優先して時間を無駄につかったり、人とのお付き合いから吸収できる物が無くなったり、我慢し過ぎて爆発して衝動買いに走ったり、それでは意味がないですよね。

削っても大丈夫なところをバッと削って、自分にとって大切だと思う部分は我慢しないでください。

固定費を削ってできたお金は、ちゃんと貯金しましょう。

賞味期限が近いものやパッケージに傷があるものでも、品質に変わりないのなら、私だったら全く気にしないでこういうのを利用します。

アンケートに答えて集めたポイントを商品券と交換できます。 隙間時間で内職をするよりも効率が良いです。

お金が無いからこそ先々を考えて慎重に、未来の自分のために時間とお金をつかう

Akita
お金が無いときこそ、長期的な視点で考える。
未来の自分を幸せにするために、どうしたら良いのかを考えましょう。

来年、5年後、10年後の自分をイメージします。

皆、お金持ちになりたくて頑張っている訳ではなくて、『幸せだと思える満足感』のために頑張っています。

殆どの人が、そこを忘れてしまったり、勘違いしてしまいます。

お金持ちになるための外せないポイントについても読んでください。

ブログのランキングに参加しています。 

読んだ人が元気になってくれたら、という気持ちでブログを始めました。 是非応援してください。 『Akitaブログ読んだよ』という反応がいただけると、とても嬉しいです😊。

クリック、どうぞよろしくお願いします🌸。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村

今日のまとめ

お金が無いときこそ、長期的な視点で考えて慎重に判断する。

選択を慎重にするために、未来の自分を幸せにするイメージで時間とお金をつかう。

便利や近道を買うことが出来なくても、プランBやCを準備することは出来ないとしても、選択肢の中から自分にとってベストに近いプランAを選ぶことが出来たら、それで良いんです。  

皆さま、応援よろしくお願いします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事