詐欺にあう人や騙される人、不況で苦しい時にこそ疑う習慣
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

不景気で厳しい時、不況で世の中が苦しい時にこそ、人が弱ったところにつけ込むような詐欺が流行ります。

バブル崩壊、リーマンショック、ドバイショック、東日本大震災…

私が知る限り世の中が混乱しているときに詐欺話が横行しました。

詐欺にあう人や騙される人は悪くはないし騙す人間が悪いに決まっていますが、実際は警戒心がない人も厳しい目で見られてしまいます。 

それに人を騙しておきながら、『騙されるほうも悪い』と本気で思う連中だっているんです。

外国で暮らすようになってすぐの頃に、私も信じていた人に騙されてお金を持ち逃げされたことがあります。

詐欺師に騙されない様に、疑う習慣を身につけましょう!

Akita
日本人は真面目で優しいお人好しが多いです。
優しいお人好しというのは、ずるい人間にとって利用しやすいカモなんです。
騙されたり詐欺にあったりする弱点になってしまいます。

詐欺にあう人や騙される人、不況で苦しい時にこそ疑う習慣

残念ですが、コロナウィルスが終息したあとには失業する人も大量に出て、間違いなく世界的な不況になるでしょう。

バブル崩壊の時も、リーマンショックの時も、ドバイショックの時も、東日本大震災の時も、詐欺にあった人の話を聞きました。

人が落ち着いて考えられない時こそ、詐欺師にとってはチャンスなんでしょうね。

Akita
『困っている人を助けるのは当たり前』『騙すよりも騙された方がマシ』
そう考える真面目で優しい人は気を付けてないと、利己的な人やずるい人から搾取する相手としてターゲットにされます。

Akita若い頃
人を信じないことは、なんとなく誠実ではないように感じていました。
疑い深いことは、人として良くないことだって思っていたんです。

目の前にあることを、一度疑うことを習慣にしましょう。

利己的な人やずるい人間に『利用価値アリ』と思わせないように、詐欺にあわないように、自衛しましょう!

おすすめの本

Akita
『詐欺師・ひっかけ商法の最新手口を公開! 騙しのカラクリ』は、作家さんの書き方が上手なので、詐欺話がショートショートのように楽しみながら読めます。

おすすめの本

Akita
『だまされた! :「だましのプロ」 の心理戦術を見抜く本』は、詐欺のあらゆる手口を知り尽くしたプロが書いています。
“自分は騙されない大丈夫”と思っている人ほど、どうして騙されるのかも解説されています。

詐欺にあう人、騙されやすい人を狙う詐欺の手口

新型コロナウイルスに便乗した悪質商法や詐欺

国民生活センターのホームページに『新型コロナウィルスに便乗した詐欺』についての注意喚起がありました。

「マスクが購入できる」というSNSの書き込みを見て通販サイトで申し込んだが不審だ 新型コロナウイルスの感染拡大により、どこの薬局に行ってもマスクが手に入らず困っていた。SNSに「使い捨てマスクが購入できる」という書き込みがあったので、記載されていたURLから通販サイトにアクセスし数種類のマスクを約4,000円で注文した。支払いはクレジットカード決済しか選択肢がなかったため、カード番号を含めた個人情報を入力した。

申し込み直後に承諾通知がメールで届いたが、そこにはカード決済は不可と記載されていた。不審に思い、通販サイトの住所と連絡先をインターネットで検索したところ、当該通販サイトとは無関係と思われる業者名が表示された。クレジットカード会社へはカード番号変更の手続きを依頼するつもりだが、危険なサイトと思われ不安だ。(受付年月:2020年3月下旬 契約当事者:40歳代 女性)

国民生活センター / 新型コロナウイルスに便乗した悪質商法にご注意!

電子メールやSNSで『新型コロナウイルスの情報』という虚偽の説明で送られてきたリンクを踏むと、個人情報を盗むためのページに誘導する手口の詐欺もあります。

給付金の詐欺で、『10万円の配布につき、お客様の所在確認』という内容のメールも出回っています。

銀行口座や個人情報などを尋ねるメールが、自治体や政府機関から一人一人に送られてくるわけがありません。

添付されたURLに絶対にアクセスしてはいけません。

Akita
シンガポールでは、新型コロナウィルスで不安になっている人の気持ちにつけ込むような詐欺が流行っています。

『保健所のふりをしたニセ電話で、銀行口座やクレジットカードの番号、生年月日や家族構成や職場など、個人情報を聞き出す詐欺が横行している』
シンガポール政府から注意喚起のメッセージがきました。

Akita若い頃
詐欺の手口や手法は、時代とともに少しずつ変化していきます。
変わらないのは、信じやすい人や疑わない人を狙うということです。

投資話を持ちかけて財産を騙し取る詐欺

不動産投資、未公開株や外貨への投資、なるべく楽をして儲けたいと思う人の心理につけ込んだ詐欺です。

本当に儲かる話なら、話を持ってきた人が親類縁者の全員を巻き込んで、全力で投資する筈でしょう。

『儲かる!』と言って投資話を誰かが持ってきた場合、だいたい話を持ってきたその人にも儲けがいくようになっています。

話を持ってきた人の取り分がどうなっているのかも、考えてみましょう。

Akita若い頃
投資話、よく覚えている知人の話があります。

東京の西エリアに農地を持っていたお年寄りですが、長い付き合いの金融機関からマンション建設の投資を勧められて、お金を出すことにしたんです。
マンション完成後、説明のときに聞いていたようには入居者が決まりませんでした。

Akita
徐々にローンの支払いが滞るようになって、最終的に土地は金融機関のものになりました。
その後、その辺りは人気の街になって、土地の値段もマンションの価格も上がりました。

金融機関からすると投資詐欺ではなかったのかもしれませんが、土地を取られたお年寄りや家族は『騙された』と今でも言っています。

マルチ商法などのネズミ講の類い

マルチ商法は法律的に詐欺ギリギリの狡猾なやり方で騙します。

大してして儲けられない物を販売する仲間を勧誘して、自分は仕入れ手数料や紹介料などのお金を稼ぐ手法が多いです。

大袈裟な表現で勧誘し、ときには逃げ道を塞ぐようなやり方だってします。

収入を増やしたい人や、将来に不安を感じている人が引っかかりやすくなります。

時間の対価としてお金を受け取るのではなく副業をしながらもっと楽をしてお金を稼ごうとか、お金を働かせて収入を得ようとかの話法で勧誘をします。

インターネットの世界でもこの手の話をよく目にしますね。

Akita
本当に儲かる話というのは絶対に他人にはしないものだということ、覚えていてください。
そして友人からマルチ商法の勧誘をされたなら、残念だけどその人はもう友人ではありません。

詐欺にあう高齢者

Akita
私の親もそうですが、高齢者は、話が複雑になると内容が理解できません。
理解力と判断力の低下、情にほだされやすくて断れない、インターネット検索が出来ない。
騙されやすい人がそこにいるのだから、高齢者は詐欺師にとっての最高のカモです。

振り込め詐欺の類い

ご存知の通り、オレオレ詐欺とも言われていましたが、今は更に手口が巧妙になりました。 

最近のオレオレ詐欺は、グループで芝居をする手法になりました。

複数人で何回かに分けて電話をかけ、お金を振り込ませ騙し取ります。 

不運に遭遇した身内のふりをして電話をかけきて、泣くなどして心配させて、家族を思う心理につけ込んだ最低な詐欺です。 

東日本大震災の時にもたくさんの人が騙されました。

Akita
振り込め詐欺、私の親のところにも電話がかかってきました。 

騙されそうになってから、親は電話に出ることを怖がるようになって、いつかけても留守番電話になっています。 
『怖いから録音メッセージを聞いてからかけ直す』という自分ルールを作ったそうです。

防犯対策の電話は数多く出ていますが、新しい多機能の電話は高齢者に使いこなせないので、簡単操作の電話機を購入しました。

私の老親が使っている『パナソニック 迷惑電話ブロック機能付きデジタルコードレス電話機』です。

電化製品を変えると使い方も変わるので、抵抗あるお年寄りもいますよね。

『防犯用自動応答録音アダプター』は、今使っている電話機に後付けができます。

『通話内容は、防犯のために録音されます』のアナウンスが流れるので、詐欺電話には効果あります。

先日テレビ番組をみていたら、『留守電を聞いてかけ直すのが、詐欺対策としておすすめ』とやっていました。

基本的に留守電にしておくというのは、詐欺対策として悪くないですよ。

架空請求や還付金詐欺

架空のインターネット利用料の請求、電話会社やガス会社からの架空請求、こういったものがハガキで届き、銀行振込をさせます。

医療費の過払いや保険料や税金の還付金を、“払い戻す”と嘘の話をして、銀行のATMまで誘導して振込をさせます。

自宅に市の福祉事務所を名乗って電話があり、「医療費を還付する案内のはがきを送っているが、届いていないか」と言われた。「届いていない」と答えると、「こちらで受け付けている。近くのコンビニに行って、ATMの前から指定の電話番号へ連絡するように」と指示された。コンビニから連絡し、指示されるままにATMを操作したが、出てきた明細を見ると、約100万円を振り込んだことになっていた。(60歳代 男性)

国民生活センター / 医療費などの還付金詐欺に注意!

Akita
還付金詐欺は、機械の操作に不慣れなお年寄りが騙されやすいそうです。
『お金を受け取るためにATMに行くように』と誘導されて、気付くと自分が振込をしているという手口が同じです。

国民生活センターと消費生活センター

詐欺話というのは時代とともに少しずつ変化します。

国民生活センターのホームページをチェックすると、流行りの詐欺の手口や、問い合わせが増えている問題などが載っています。

不審に思った場合や、トラブルにあった場合は、近くの消費者センターに相談しましょう。

おかしいと感じた時は、早めに相談するようにしてください。

*消費者ホットライン:「188(いやや!)」番、最寄りの市町村や都道府県の消費生活センター等をご案内する全国共通の3桁の電話番号です。

ご相談は、お住まいの自治体の消費生活センター等にお問い合わせください。

独立行政法人 国民生活センター ホームページより

騙される人は悪くない、でも疑う習慣が無いと騙されやすい人のまま

騙される人が悪いわけないんです。 騙す人間が悪いに決まっています。

でも、人は信じ合うもの、話せば分かり合えるもの、これは正しい考え方ではありません。

人はそれぞれ、人生の価値基準もモラルも違って、損得勘定や良心が揺さぶられる度合いだって違います。

『嘘をつくことは悪いこと』と教えられて育った人にとっては信じられないことですが、世の中には一定数、嘘を嘘と思わずに、自分の利益のために平気で嘘をつける人間が存在します。

Akita若い頃
昔の私は、他人の言うことを疑いもせずそのまま信じていました。
後になって嘘をつかれ利用されたことに気付き、ショックを受けたものです。

話し合えば分かり合えると思っている、真面目で優しいお人好しは損をします。

自分の利益のために平気で人を騙せる、詐欺師のような人間のしたいようにされてしまいます。

ずるい人間は、あなたを利用しようと考えています。

この人おかしいなと感じたら、ためらうことなく距離をとりましょう。

ブログのランキングに参加しています。 

読んだ人が元気になってくれたら、という気持ちでブログを始めました。 応援してください。 『Akitaブログ読んだよ』という反応がいただけると、とても嬉しいです😊。

クリック、どうぞよろしくお願いします🌸。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村

幸せになるために覚えていてほしいこと

詐欺被害にあわない為に不況で苦しいときにこそ疑う習慣を持ちましょう。

日本人は素直で優しい人が多く騙されやすいので、目の前のことを疑う習慣が大切です。

泣き寝入りしない。 おかしいと感じた時はすぐに最寄りの消費生活センターなど公的窓口に相談しましょう。

皆さま、応援よろしくお願いします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事