砂浜と椰子の木
ランキングに参加しています。応援よろしくお願いします。

お金持ちって、頭が良い人というのもあるでしょうけど、何より『熟考するゆとり』があるんです。

『わりとベストに近い選択をする』お金持ちはこれを繰り返しています。

お金を持っている安心感からいつも気持ちにゆとりがあって、自分にとって良い方法を考えてから進めるんです。

この“考えるゆとり”は、人生を豊かに生きるためにとても重要なので、お金を貯めてまずは種銭を作りましょう。

貯金をしてお金持ちになるための元手、種銭(朝日新聞コトバンクより)を作りましょう!

Akita若い頃
種銭作りのために、私は節約ルールを作りました。
無駄遣いの基準を明確にするルール作りは、資産をつくるためにとっても役に立ちますよ。

節約する貯金する、種銭を作るのはお金持ちになる基本のルール

ヒマワリ

お金に働いてもらう、よく聞きますよね。

金融資産や実物資産を築いて、お金に稼いでもらうんです。

自分が外出している間にロボット掃除機がリビングをお掃除してくれますよね。

読書中でも食事してても、ディッシュウォッシャーや洗濯機は文句も言わずに勝手に仕事してくれますよね。 

お金に働いてもらうのはそれと似ていて『自分以外にも、お金を稼ぐ人がいる』ってことなんです。

お金を貯めて種銭を作り、お金に働いてもらいましょう。

Akita若い頃
お金に働いてもらうというのは、働いてお金を稼ぐ人が自分以外にもいるのと同じことです。
あなたの種銭さんが働いて稼いでくれたって思うと、嬉しくなりますよ。 

種銭は地道にコツコツ働いてくれる従業員さんです。

その従業員さんは、ご飯も食べないし病気にもならないし、給料あげてとかの文句もアレコレ言いません。  

比較的早いうちに私はこれに気付けたので、自分の中でルールを作って貯金に励みました。

種銭をつくって、少しずつお金を増やしていきました。 

Akita若い頃
先ずは種銭から作りましょう!
大切な判断をするときに、心にゆとりがあるってすごく重要です。

おすすめの本

Akita若い頃
『本当の自由を手に入れる お金の大学』は、お金に対する考え方を解説してて、生活・仕事・老後の不安を減らすためのアイデアがたくさん紹介されていますよ。

著者はお金について発信するユーチューバーで、構成も良くて文章も読みやすくてオススメです!

賞味期限が近いとかパッケージに傷ありとか、私だったら全く気にしません。 節約するのにお買い物はこういうのを活用しましょう。

アンケートサイトは、家にいながらちょこちょこ集めたポイントをバウチャーと交換できます。 内職としては割りが良いと思います。

お金を持っている安心感から、お金持ちはいつも気持ちに余裕があります。 考えぬいて、自分にとって有利な道を選択できるんです。

お金持ちの気持ちのゆとりについて。

金融資産をつくるために、まずは種銭を作る

私は種銭を作るために、マイ節約ルールを制定しました。

私は育った家庭が貧しかったから、それほど難しくはありませんでした。

金融資産をつくるためのルール10個
  • お金の入り口を減らさないように働き続ける
  • 人に流されて判断しない、無理な人付き合いをしない
  • 流行を追わない
  • 空腹だからと、食べたい物でもないのに外食しない
  • ケーキもお茶も家で楽しむ
  • 外出時は水筒を携帯する
  • 趣味は身になること
  • お金のかかる遊びをしない
  • 子供の勉強は、教えられるところまでは自分で教える
  • むやみやたらに子供にお金をかけない

上に書いたものは支出を抑えるためにしてきた事ですが、気を付けていなければ全部固定費になってしまうものです。

節約は普通にしてましたが、自分の時間が犠牲になるような節約はしませんでした。

一丁50円のお豆腐や、ひと玉20円のうどんを買うために、自転車で10分余計に走るとかはした事ありません。

100円ラーメンや、無料のピザや牛丼のために2時間近く行列に並ぶとか、したことありません。

行列に並ぶ2時間分、職場で働いてた方が稼げます。

ランチはお弁当持参です。

社員食堂があるんだったら利用しない手はありません。

社員食堂が安いのは、食堂運営する業者がテナント代を払っていないからだったり、会社が補助金を出していたりするからです。 コンビニ弁当を買ったりしないで、利用しないと損ですよ。

まずは、マイ節約ルールを制定してみませんか。

Akita
銀行預金してても全然利息もつかない今、お金を無駄なところにパッとつかわずに、あなたと一緒に働いてくれる種銭を作りましょう!

種銭を作るための節約ルールで地道にお金を貯める

金融資産を作るためのルールについて書きましたが、このルールを分類して考え方をお話ししたいと思います。

交際費や服飾費、流行りのものの節約ルール

無理な人付き合いをしない

無理して人付き合いしても、結局は心が繋がらないと思います。 

仕事でもボランティアでも、大変だったけど一緒に何かを成し遂げた人としか繋がっていません。

◉ 何回会ってお茶してもランチしても、一緒にお酒を飲みに出かけても、心って簡単に繋がらないものですよ。

人に流されて判断しない

元々私は『みんな一緒』の日本人のノリが苦手だったので、人に流されにくい方でした。 

◉ 同調圧力に引っ張られないように、『自分はどうするのか』といつも考えるように気を付けていました。

流行を追わない

流行というのは、ファッションもそうですが世の中の流行りもの全てですね、それに乗らないことです。 

流行には必ずお金儲けのために仕掛けた人がいます。 

納得して流行を追いかける分には良いですが、落ち着いて考えると、流行り物のそれ自体にあまり価値が無かったりすること多いですよ。

◉ “お金を貯める”という点から考えると、流行は一切追わない方が良いです。

外資系金融のとある会合でクローク係をした人から聞きましたが、億を稼ぐ人達が参加する集い、コートのユニクロ率が高かったそうです。 

企業のマーケティングによって、買いたくなるように仕向けられているということを書いた記事です。

無駄な外食や贅沢な趣味と遊興費の節約ルール

空腹だからと、食べたい物でもないのに外食しない

 ◉ 外出先で空腹感があるからと、『食べて帰ろうか』とやっていると、お金は貯まりません。

食べたいものや目的のレストラン以外に、お金をダラダラとつかうのはやめましょう。 

前菜とメインを頼んでいませんか? 

レストランの一人前って少な目なので、1.5人前注文してちょうど良い感じですよね。

私ですら前菜とメインの1.5人前ですから、若くて働き盛りの人だと2人前くらいの量が必要ですよね。

大切なお金をつかうのだから、予約して目的のレストランに行きましょう。

ケーキもお茶も家で楽しむ

◉ カフェはお金の無駄遣いだと思うので、美味しいケーキは買って帰って、自宅カフェ派です。 

エスプレッソマシーンもあるので、友人とのお茶も自宅に招いてゆっくりしてもらいます。

外出時は水筒を携帯する

お金を貯めたいなら、外出時に水筒持参は基本です。 

喉が渇いた時にカフェに入るとか、コンビニでペットボトルを買うとか、月々で計算してみるとかなりの出費です。

◉ 今は環境問題も注目されているので、『意識高い人』という感じでかっこよく節約できて良いですよね。

趣味は身になること

読書、パソコン、資格取得のための勉強、図書館通い、博物館通い、子供がいたら児童館…

◉ 未来の自分を幸せに出来ることを趣味にできたら良いですね。

お金のかかる遊びをしない

お金がない人ほど、居酒屋さんに行ってお酒を飲んだり、カラオケや遊園地で豪遊などしてお金をつかってしまいます。

◉ 知り合いの大金持ちのイギリス人は、子供の遊びは自宅にお友達を呼ぶことで、家族での遊びはトレッキングと自宅の庭でバーベキューです。 

お金持ちびっくりエピソードなんですが、この人はスターバックスでコーヒーを注文するときに別のカップにお湯だけもらいました。 家から持参したティーバッグで、紅茶も作っていたんです。

教育費や子供にかかるお金の節約ルール

子供の勉強は、教えられるところまでは自分で教える

子供の勉強はどうして親が見られないかというと、もどかしくて腹が立ってしまうからです。

でも、そのために毎月1万円2万円というのはすごい出費ですよね…。 

◉ 月々、1万円を稼ぐのにも1万円節約するのにも、どのくらいの苦労が必要でしょうか。

◉ 子供の教育費って、いくらあってもキリが無いくらいかかり続けます。

私の場合はお金もなかったので、教えられるところまでは自分で教えました。

むやみやたらに子供にお金をかけない

物心ついた子供には、確かにある程度のお金はかけてあげないと可哀相かもしれません。

でも、子供服、習い事、遊興費… 裕福な家庭と同じようにやろうとしたら、いくらあってもお金が足りるようにはなりません。

子供には、余計なお金が無いことも、未来のために蓄えていることも、しっかり話しましょう。

親や学校からお金のこと世の中の仕組みを教わらないまま大人になるので、貧乏な人はずっと貧乏のままなんだと思います。

お金を蓄えることの大切さを教えるために、私は子供と銀行に行って本人の預金口座を作りました。 家の中で役割(仕事)を与えて、それと引き換えにしてお金を渡しました。

お金の入り口(収入)を減らさない

Akita
節約で支出を抑えるのも大切ですが、安定した収入があることは『最重要』です。
これが種銭作りで外せない一番大切なこと。

お金の入り口(収入)を減らさないように働き続ける

会社勤めをしている人でも、金融資産や実物資産がある人にはお給料の他にも収入があるわけですが、簡単に会社を辞めません。 会社員としての安定した収入があることが重要だからです。

会社を簡単に辞めたりしないことです。

お金の入り口を減らさないように働き続けましょう。

会社勤めをしていた時には、私は時々友人から紹介してもらった日雇いのアルバイトをしていました。

会社もいくつか転職しましたけど、当たり前ですがいつも次の仕事を確保してからの退職です。 

そして、スピードは遅くなったけどまだ働いています。 働くことが好きなのもありますが、働けるところまで働くと決めています。

砂浜と椰子の木

ブログのランキングに参加しています。 

読んだ人が元気になってくれたら、という気持ちでブログを始めました。 応援してください。 『Akitaブログ読んだよ』という反応がいただけると、とても嬉しいです😊。

クリック、どうぞよろしくお願いします🌸。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村

幸せになるために覚えていてほしいこと

お金のこと世の中の仕組みを教わらないまま大人になると、お金や世の中のことが分からないままでずっとお金の悩みごとに追いかけられます。

種銭は、あなたのために働いてくれる従業員です。 節約して貯金して、My種銭をたくさん作りましょう。

環境問題が注目されている時代なので、節約に励んでいても『意識高い人』って見てもらえるから都合良いですし、実際カッコイイと思います。

皆さま、応援よろしくお願いします。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事